霊園探しのポイント
2016.08.23

subimg03
人が亡くなると火葬されて遺骨が残ります。その遺骨をお墓に納骨して参ります。遺骨が納骨してあるお墓が置いてある場所を霊園と言います。霊園には、たくさんの方のお墓があります。お盆やお彼岸、月命日、命日とお墓参りをする日も多く、行事に関係なく参る方もいて、たくさんの方々が訪れる場所です。ほとんどが管理をされているので綺麗に保たれているところが多いです。市が管理しているところもあればお寺が管理しているところもあります。

先祖代々のお墓を受け継ぐ家計もありますが、近年では、自分でお墓をつくりたいと希望する方も少なくありません。生前から葬儀のスタイルからお墓選びをする方も多く、専用のツアーもあり参加者も多いです。お墓選びから霊園探しまで大変ではありますが、亡くなってから安心するために自分で決める方も多いです。また、お墓の場所が不便でお墓参りができないのでお墓を移動したいと考えている遺族もいます。遺族やお墓の管理をしてくれる親族の方のことを考えて場所選びはとても重要なポイントと言っても良いでしょう。

近年、ネットの普及でネットを利用して探す方法があります。検索する項目を入力して探してみましょう。その場合には、希望する場所を入力することが大切です。たくさんの霊園が掲載されています。HPなどを参考にして選択していきます。また、お寺やお墓の情報誌、お寺やお墓屋さんに出向いて見学、相談することもできます。HP上で検索して探したら、必ず見学することをお勧めします。写真やネット上では雰囲気が違うと感じることもありますし、詳しい内容も理解できません。必ず見学して内容を理解しましょう。注意する点は、霊園の管理、場所、駐車場、近くにお花屋さんがある、周辺の状態、費用などです。駐車場だけでなく、車を使用しないでもお墓参りができるように交通機関の確認も必要です。重点的に考えなければならないのは、遺族や親戚などお墓参りをする方々が利用しやすいかどうかです。気持ちよくお墓参りをしていただくように配慮が大切です。そのために家族や親戚と見学に行かれることも良いでしょう。遺族や親族と一緒に探す楽しみもあります。綺麗に管理ができているかどうかも重要なポイントです。水汲み場、お花の処理場、バケツやほうきなどの設置も確認しておきましょう。霊園探しツアーなどに参加することも便利で良いでしょう。気になる点や心配事などは事前に問い合わせをした方が良いでしょう。

▲ ページトップへ